DVDコピーを極めたい人は学べ!!

DVD一問一答

DISCに関するQ&A2

Q,ファイルは正常なのにディスクに焼くと成功したり失敗したりする

A,DVDビデオファイルに欠陥があるか否か、DVD Shrinkの詳細な分析で調べておこう。さらにDVD ShrinkでISOイメージをつくればついでにチェックもしてくれる。DVDビデオファイルは正常のはずなのにディスクの焼きが不安定なことがある。ディスクの焼いた結果とパソコンのファイルを照合するベリファイのときエラーがでるのは焼いた結果だけにミスがあることを示している。

この原因の一つはファイルが断片化(フラグメンテーション)されていてハードディスクの読み取り速度が遅くなりディスクの書き込みが間に合わないために起こる。「プログラム」の「アクセサリ」の「デフラグ」を実行して断片化を解消すればよい。デフラグは数時間かかるので夜寝るときに実行するとよい。プログラムの起動や反応が遅くなるのも断片化が原因である。ゴミ箱が一杯のときも似たようなことがおこる。
また、ウィルス検出ソフト、スタンバイ等省電力機能、スクリーンセーバーなどは焼いている間に起動しないように停止しておく。

また、特にPS2での再生が難しい場合の事も説明しておきます。
ファイルとくにセクターアドレスが正常である前提でもレーザーがとても弱いPS2で再生できるDVDを焼くのはなかなか難しいらしい。PS2を持っていないので検証できているわけではないが、焼くときの注意事項を挙げておくと、

・DVD-+Rは必ず「ビデオモード対応」を使う。「録画用」とだけ書いてあるものは「ビデオモード」に対応していない。
・有名ブランドも信頼できない。ダメなブランドは全部失敗する。
・DVD ShrinkでDVDディスクをチェックしたところ国産有名ブランドは全滅するのが何社かある。
・国産でも外国産でも必ず成功するブランドのDVD-+Rを見つけよう。
・反射率の高い4倍速ディスクを使い1倍速で焼く(国産の1倍速ディスクは案外ダメでこの方法は有効性バツグン)。
・エンコードしながら焼けるソフトでもエンコード(ISOイメージつくり)と焼きは別にやる。
・焼くファイルが断片化していないことをデフラグで確認する。
・ディスクドライブのレーザーをエアーでブローしてクリーニングする。
・焼く速度はなるべく1倍速にする(反射率の高いディスクならドライブとディスクの最高速の小さい方で可)。
・ウィルス検出ソフト,スタンバイ等省電力機能,スクリーンセーバーをはじめ常駐しているソフトをすべて停止する。
・バランスがくずれて振動するのでシールは貼らない。
・・古いPS2は,プログレッシブはダメ,インターレースはOK。DVD-R/+RはOK,DVD-RW/RWはダメ。
・オールRegionFreeにする。セクターアドレスを必ず書き直す。

 

Q,DVD Devrypterでディスクに焼けない。

A,DVD Devrypterはリッピングツールだが焼きもできる。だが、パソコンによってはあるソフトを追加しなければならない。実は、そのソフトはDVD Devrypterのホームページで紹介されていたのだが、閉鎖されてしまったのです。パソコンに付属している焼きツールでもDVDビデオディスクを焼ける。イメージ焼きモードにすることを忘れずに。